花屋のグーグルマップ対策

花屋をしていると道を訊かれることがよくあります。

訊ねてくるほとんどの人がスマホを片手にお店を探しています。

そのスマホ画面を見させてもらうと、お店が用意した簡易な地図であったり、地図アプリだったりが表示されていたり。

それを見て「グーグルマップを使って探せば、もっとスムーズにたどり着けるのに・・・」と思いながら道順を案内しています。

いくらSNSが流行し、アプリが増え、ユーザーの検索方法がシフトしていっても、道案内の機能に関してはグーグルマップが一枚上手。

お店や道順を調べるときの主流はまだまだマップ検索なので、SNS周りの強化と同じくらい大切なのがグーグルマップ対策になります。

グーグルマップ(MEO)対策の効果

以前(2021年2月)に花屋さんのグーグルマップ対策(MEO)のお手伝いをしはじめ、およそ3ヶ月が過ぎました。

さて、その後どうなったでしょうか?

実際に数字で見てもらうのがわかりやすいと思うので、管理画面のデータを見てください。

※2021年5月25日時点

花屋のグーグルマップ対策

 

そして、はじめた頃、2021年2月の時のデータがこちら。

※2021年2月18日時点

 

閲覧数は約3倍、検索数は約3.5倍、そしてアクティビティ数は約212倍となりました。

アクティビティ数というのは、グーグルマイビジネスで登録された店舗情報を見て、そこから「ウェブサイトへのアクセス」や「通話」「写真の閲覧」「マップでのルート検索」など、実際にアクションを起こした数字になります。

このお花屋さんからは「明らかに新規の来店客が増えた」と喜んでいただいています。

 

では、グーグルマップ対策をすればどんな花屋さんでもこのような数字になるか?といえば、そうではないと思います。

この花屋さんはグーグルマップ対策をはじめてから特に注力されていることがありました。

それは「写真」の投稿です。約3ヶ月で100枚ほどの写真をアップされています。

そのような努力が数字に現れ、新規のお客様の集客につながったのだと思います。

検索順位はどうなった?

地域名+花屋で検索したときのグーグルマップ順位は明らかに上昇しました。

このお花屋さんのおかげで検索結果の上位に出るには、いくつかの条件が必要であることを再確認させてもらいました。

大手花屋さんがひしめく激戦区ですが、追い抜くのにそう時間はかからないでしょう。

グーグルマップの機能

グーグルマップはお店の検索に特化しているだけではなく、商品購入もできます。

お花の写真を登録したら購入ボタンをつけることもできます。

ネットショップだとお花の写真を撮って商品登録したり、注文フォームを用意したりなど、運営に手間がかかるのでなかなかはじめられない、又はネットショップをやってるけど効果が出ないので放置しがち、という花屋さんは多いのではないでしょうか。

グーグルマイビジネスなら、運営のやり方次第で上位表示され、お花の写真を登録して購入ボタンをつけるだけでネットから受注することもできます。

検索に強くて集客効果があり、多機能なグーグルマイビジネスは店舗をお持ちの花屋さんなら無料で利用できます。

ただ、何度も言いますが、効果を得るには「正しい方法でグーグルマイビジネスを設定する」ことが大切です。

花屋の和では正しい方法でグーグルマイビジネスを活用するお手伝いをしています。

 

おかげさまでご利用される花屋さんが増えてきました!

ご興味のある方はお早めにご連絡ください。

花屋の和によるグーグルマイビジネス

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事