花屋ホームページ費用

「他社と比べると制作費用が安いんですが、理由を教えてください」という内容のお問合せをいただきました。

この方は、花屋の和のプランが他社と比べるとあまりに費用が安くて、心配といった内容で、不安になられていたようです。

確かに、現在のホームページ制作業者の作成費用は平均40~50万円程度が相場。

でも、一昔前はこの倍くらいの料金でした。

相場が安くなった理由は、業者が増えたということもありますが、実際には高い費用をかけたのに効果が出ないページばかりで値下がりした、というところでしょう。

私は「見た目がいくらキレイでも、アクセスのないページでは売上は上がらない」というのは散々言ってきました。

花屋の和では3つのホームページ制作プランがありますが、一番高いマスタープランでも5万円。

一般的な業者と比べると40万円以上の違いがあります。

この金額の差は何なのか?過去の私の苦い経験をまじえて解説したいと思います。

ホームページ作成業者の費用と内訳

まず、一般的なホームページ制作業者の作成費用が高い理由として考えられるのが、営業マンの人件費です。

営業の人が説明をしに来てくれて、プラン別の見積もりや質問に答えてくれる。それだけで安心して申し込みしてしまう人もいます。

営業が話す説明を聞いていると、こむずかしいIT業界特有のカタカナ言葉を多用され、ちゃんと理解できていないのにわかったふうな相づちをうつ。

大体の業者では見積もりプランは3つ用意されていて、提供内容や費用も中程度のプランを契約させようとします。松竹梅の営業というやつですね。

さらに綺麗でおしゃれな実例サンプルページを見せられ、注文増の夢が膨らみます。

営業マンと話しこんでその話術にハマってしまうと、契約も断りづらくなるというのがこちら側の心理。

「今契約してくれたらこんな割引やこんな特典がついています」との落とし文句は必ず用意されています。この戦術で多くの方が契約に至ります。これらが営業マンを使う業者のメリットです。

その他に、

市場調査・競合調査等という名目のリサーチ費用。
ページデザイン、コーディング費用。
プログラム・システム開発費用。
企画やプラン提示・管理等の費用。
スマホ対応。SEO対策費用。

このように難しそうな言葉を並べて「できそうな業者の感じ」を醸し出します。

これだけ並べられれば数十万くらいになっても当然かなと「勘違い」する花屋さんもいますよね。

勘違いというか、高いと安心してしまうのが人の心理かもしれません。過去の私もそうでした。高いと効果があるんじゃないかと錯覚してしまうんです。

あと、安心感を持たせるために用意された「電話サポート付き」というものも注意してください。
親切でわかりやすいのは「担当者の話し方だけ」というお粗末なサポートがほとんどです。

また、サポートといってもその範囲はPCや管理画面の設定周辺に限定されます。
サポートマニュアルが用意されているのでその範疇にないサポートは当然ありません。

例えば、

・アクセス解析でユーザーの行動をデータ化し、内部SEOに活かしたいんだけど手伝ってくれる?

・このクエリの流入だけ離脱率が高いんだけどどう思う?

このような受注増に直結する質問に対しての的確なサポートは返ってきません。
親切なサポートであることと問題解決力は別物です。

その結果

花屋ホームページ費用

ホームページ制作業者に依頼し、その40万とか50万円を払ってキレイなホームページができました。

制作業者と花屋さんの両者にとっては、さぞかし良いホームページになったことでしょう。

さあ、これから注文がたくさん入ってくるからがんばるぞ!

とこの時点では明るい未来を想像します。

でも現実は違います。

数十万円も払って作った結果、最も肝心なアクセス数や注文数はどうなったのか?

多くのページは注文どころかアクセスすらない、毎月の費用は払い続けるキレイなだけのホームページが残ることになります。

市場調査や各種リサーチしたはずなにの鳴かず飛ばずのホームページ。

そうなってから文句を言っても後の祭りです。支払った数十万円は絶対に返ってきません。

大切なのは制作実績ではありません

ホームページ制作業者を探していると、制作実績○○○○ページ超!などとキャッチーなコピーが書かれているのをよく見かけます。

業者を選ぶとき、依頼するときにこの「制作実績数」で安心してしまい、最も肝心な制作したホームページの実績(アクセス数の増減など)は確認しない方が多いのではないでしょうか。

そのため、高額な費用を払って作ったけど注文が来ない。アクセスされない。といったことに悩むようになります。

私の知っている限り「花屋さんのホームページを制作しました。そのページの効果はこうです。」とWEB上で稼働実績を公開している制作業者はたった1社しかありません。

守秘義務とか適当な言い訳をつけて、制作したホームページがどうなったかの実績を公開している業者はほぼ皆無です。

市場調査してSEO対策されてるはずなのに注文はおろか、アクセスすらほとんどない、アクセスがあっても注文から程遠い(調べ物)キーワードだったり。そんなホームページの作成費用が数十万円。

そんなホームページ作成業者があちこちに蔓延しています。

ひどい業者になると、難関キーワードで上位表示したと自社の実績を偽り、嘘をついて営業しています。

花屋の和とホームページ制作業者の違い

ホームページ作成会社の選び方

業者の費用がぼったくりである。高い高いと非難するだけではただの営業妨害ですね。

では、花屋の和で作っているホームページと、プロと言われている制作業者の作るホームページでは何が違うのか。ざっくり簡単に紹介します。

ホームページ制作業者

業者の作るホームページは依頼主の満足度を上げるためにデザイン(見た目)にこだわります。

制作費用は安いところで5万円程度、多くのところでは数十万円になるのが相場です。
ランニングコストは毎月数千円から数万円。
変更・更新作業の費用は内容によって数千円から数万円。

ページ管理(運営、更新等)を依頼主自身でできないような仕組みにし、保守費用を毎月取っている場合もあります。

逆に、ページ管理を依頼主側で行えるようにワードプレス等のCMSで制作している業者もありますが、その場合は費用が安くなるのが通常と考えてください。

さらに、市場調査・SEO対策済みといいながら、CVから程遠いクエリのキーワードを提案、設定していたりします。

花屋の和

花を販売するページの場合はアクセスと売上アップが主目的なので、利用者(お客様)にとって関心が低いページデザイン(見た目)にはこだわりません。

制作費用は15000円から5万円。
ランニングコストは成果報酬制で月額1000円から。(成果条件に満たない場合は0円。)
変更・更新作業の費用は基本的に0円。(ただし、作業の上限回数あり)

花屋さんがページ管理(更新等)をしなくても良い仕組みです。(更新によってSEO的にマイナスになることを避けるため)

成約に近いキーワードでSEO対策を設定しています。(単月で数百万円の売上アップ実績あり)
※効果を保証するものではありません。くれぐれも誤解なきようにお願いします。

すでにお持ちのホームページをリニューアルせずに残し、そこに集客させるための新規ホームページ作成も可能です。

ホームページプラン詳細

まとめ

ホームページ制作業者(私の知っている限り)の良いところを書こうと努力しましたが見つかりませんでした。

結局のところ最も大事なポイントは、物販である花屋さんのホームページの目的は何か、利用者にとって利便性の高いページとはどういうものか、ということだと思います。

・トップページのそのでかい画像は必要ですか?
(=サイズの大きな画像はページ表示速度を落としている場合があります。)

・商品説明は適切に入ってますか?
(=商品番号と値段、サイズだけでは利用者は不安になっています。)

・注文期限、納期、支払い方法、配送方法はわかりやすい位置に書かれていますか?
(=訪問者が情報を探してページを行ったり来たりしています。→離脱の原因。)

・クエリに対する答えはちゃんと掲載されていますか?
(=せっかくの良い花、良いサービスであっても上位表示されません)

 

もちろん、注文が来ないのはホームページの作りだけが原因とは限りません。
花屋さんの提供する商品やサービス内容が訪問者のニーズとマッチしていないことも考えられます。

このことは花屋の和も制作業者にも共通していえることです。つまり、注文増のキモは運営元の花屋さんであるということです。

私達、ホームページを作る側の役割は販売ページを作ることです。つまりアシストの役割です。

バレーボールで言えばアタッカーへの「トス」、サッカーで言えば「ラストパス」です。

 

最後のアタックやゴールを決めるのは花屋さんなのです。

 

ここを履き違えて「利用すれば注文増するんだね!?」という花屋さんが稀におられます。

花屋の和の役割は、あくまでアクセスアップ、集客のお手伝いです。

余談

その昔、私管理人もホームページのことを何も知らず、計300万円以上もホームページ制作業者にぼったくられた経験があります。

その後、別業者に50万円程度ぼったくられました。

契約内容は、PCや周辺機器とドメイン、サーバーをセットにしたり、ショッピングカート(買い物かご)や他の販促ツールとセットにしてリース契約させるという悪サービス。

これらの業者はあくどい商法で上場までしましたが今どうなっているかは不明です。後者は今でも営業しています。ちなみにアルファベット3文字の会社(関連会社含む)です。

このようなビジネスモデルで大儲けし、上場する会社が増えました。ITに疎く情報を持たない花屋を狙って営業しています。

もちろん、ホームページ制作業者が全て悪とは言いません。ごく少数ですがきちんと制作してくれる会社も存在します。

でも、まだまだ似たり寄ったりの業者が多いのが現状です。新規作成やリニューアルを考えている際はよく見定めるようにしてください。

 

花屋の和では、花屋さんのホームページを制作したり、上位表示させるだけでなく、業者選びのための情報提供もしています。

おすすめの記事