花屋の決済ツール

花屋さんの支払いツールとしてPayPay(ペイペイ)を検討している方のために、店頭での実際の使用感を紹介します。

PayPay(ペイペイ)は100億円還元キャンペーンで話題になりましたのでご存知の方も多いかと思います。

うちの花屋にPayPay(ペイペイ)の営業の方がきたのが、第一弾キャンペーンの1ヶ月ほど前。

初期費用、導入費用、決済手数料が無料という説明だったので、それではということで申し込みました。

申し込んで1週間ほどで店頭キットが郵送されてきます。

PayPay(ペイペイ)の支払い方法

PayPay(ペイペイ)を使う場合の支払い方法(やり方)は2つあります。

1つは、店頭に設置したQRコードをお客様のスマホで読み込み、決済金額を入力して支払うというものです。

もう1つは、お客様のスマホにPayPayアプリをいれ、そのアプリ画面を店舗側のバーコードリーダーで読み込んで支払うというものです。

正直言うと、どちらも「ちょっとめんどくさいな」と感じました。

PayPay(ペイペイ)を利用するには?

このPayPayを利用するにはお客様とお店側で設定が必要です。

利用するための設定を見ていきましょう。

お客様

お客様がPayPayを利用するには、事前に利用登録をする必要があります。登録画面にて支払いに使うクレジットカード情報の登録をします。

花屋さん

花屋さんがPayPayを利用するには、所在地や業種、振込先等の店舗データを入力し、審査に申込みます。審査が通過すると利用開始となります。

花屋でPayPay(ペイペイ)を導入してみた感想

お花代の支払いをスマホ決済などで簡単に行いたいというお客様は確かに増えています。

コンビニなどでもスマホ決済の支払いが便利ですね。

ただ、コンビニなどでのスマホ決済とPayPayで違う点は「手間の有無」です。

コンビニはリーダーに「かざすだけ」ですが、PayPayはかざすだけでは決済できません。

100億円あげちゃう!といった大々的なキャンペーンなどを目当てに利用者が増えているのは事実ですが、もしかしたらこれは一時的なものかもしれません。

還元キャッシュバックなどのキャンペーンが終われば、利用者にとっては他のサービスと同じカード支払い、電子マネー扱いになるため、そこであえて手間のかかるPayPayを選ばないような印象をもちました。

まとめ

花屋にしてみれば、初期費用、導入費用、決済手数料が無料なのはリスクゼロなので、決済の選択肢を広げて利用者ニーズに応えるという点では導入しても良い決済ツールかと思います。

ただし、手数料が無料なのは2019年9月末までの限定措置

その後の手数料がいくらになるのか、電話で直接問い合わせてみましたが2019年3月9日時点で「未定」との回答でした。(有料化は決まっているそうです)

現在は100億円キャンペーン第2段をしていますが、前回と比べると盛り上がりはありませんし、うちの店でいうとお客様からの反応もほとんどありません。

うちの花屋はPayPay(ペイペイ)が使えます!という謳い文句は、第一弾キャンペーンのときと比べると集客効果も薄れていますので今はそれほど効果的ではない気がします。

キャンペーン終了後、そして手数料の改定によっては、店舗側の負担増にもなりえますので導入には検討が必要かと思います。

現状、クレジットカード決済であれば、以前に紹介したスクウェアが花屋さんには最適かなと思います。

 

花屋の和では、花屋さんのホームページを制作したり、上位表示させるだけでなく、リアル店舗とネットショップの運営に役立つ情報提供もしています。

おすすめの記事